社会保険労務士法人 福岡労務 最新情報 TOPICS    

人事労務管理のトレンド、人気のアイテム、法改正などの最新情報をお届けします。      

被扶養者認定に国内居住要件を追加

logo.jpg


外国人労働者の受け入れ拡大に伴い、生活の拠点が日本にない扶養家族の医療費負担や不正な在留資格による国民健康保険からの給付が問題視され、健康保険での被扶養者となるには「国内居住者」が条件となりました。
国内居住者かどうかは住民票で「判断します。

なお、海外に留学する学生、外国に赴任する被保険者に同行する家族など、一時的な海外渡航の場合は、被扶養者として取り扱われます。

福岡労務ニュース 2020年5月号より

2012187586222注射される青年
  1. 2020/05/21(木) 12:55:25|
  2. 健康保険・厚生年金保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在職老齢年金の基準額が変更になりました。

 logo.jpg


①60歳代前半(60歳~64歳)の支給停止調整開始額・・・28万円(変更なし)

②60歳代前半(60歳~64歳)の支給停止調整変更額・・・46万円⇒47万円

③60歳代後半(65歳~69歳)と70歳以降の支給停止調整額・・・46万円⇒47万円
7384766522da5299df437a3b0b49be3d_s.jpg
  1. 2019/06/10(月) 16:33:08|
  2. 健康保険・厚生年金保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

任意継続の報酬上限を変更

logo.jpg


退職後の医療保険に協会健保の任意継続を選んだ場合の保険料は、在職中給与から引かれていた健康保険料の2倍の額ですが上限がありました。(標準報酬月額28万円)
この標準報酬月額の上限が今年の4月以降30万円に引き上げられました。
45f3b94bc37eb67414d1f95ea9dc1720_s.jpg


  1. 2019/06/10(月) 16:23:43|
  2. 健康保険・厚生年金保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0